タグ別アーカイブ: スロットルコンバートキット

DSC_0285-1

◆1&2JZ テクニカルハンドブック&DVD 発売◆

 

先日お伝えしていた通り、
『1&2JZ テクニカルハンドブック&DVD』
3/26に発売となりました!

DSC_0295-1
DVDも付いてます(o゚∀゚)o

 

大好評の タービンキット をはじめ、

定番の スロットルコンバートキット

まもなく発売予定の 新製品 まで取り上げていただきました!

DSC_0289-1

DSC_0291-1

 

そのほか、各メーカー・ショップ様の最新情報が盛りだくさん☆

 

最強とも言われる JZエンジン を知る良い機会ですね!
みなさんも保存版として一冊いかがでしょうか☆
私も今日買っちゃいました…(´∀`;)

 

DSC_0292-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ビデオオプション表紙

◆ビデオオプション特別版 JZX100/110 コンプリート◆

 

先日の ビデオオプション の取材。

396

 

 

 

 

 

実は、スロットルコンバートキット の取材でした。

 

本日発売のビデオオプション特別編集版は、
『JZX100/110コンプリート』 と称して、
JZX100/110 を楽しむ方法が満載!!

 

その方法のひとつとして、スロットルコンバートキット が取り上げられています。

densuri02

 

 

 

 

 

D1ドライバーの 高橋邦明選手
キット装着前と装着後の違いを 体感 していただきました!

 

装着前。
IMG_9109-1

 

 

装着後。
IMG_9256-1

 

まぁ、見た目では分かりませんが。。。 😆 

レスポンスの違いを体感してもらえたようでした!

 

 

なかなか面白い内容になっていますょ♪

 

詳しくは、3/26発売
ビデオオプションJZX100/110コンプリート をご覧くださーい!

 

 

そして。

本日発売の1J/2Jムック本も見逃せません!!

詳細については、また後日(*^∀^)ノ

 

 


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

★JZX110マークⅡ スロットルコンバートキット取付★

 

少し前のお話ですが(^∀^)ノ

JZX110 マークⅡに、
スロットルコンバートキット の取り付けをさせていただきました☆

電子スロットル制御 のもっさりした動きにお悩みの方にはオススメのキットです!

 

 

純正の部品をこちらのキットに交換するという簡単な作業なのですが。

 

こちらは、純正の状態。
DSC_0104-1

 

 

 

そして、キット装着後がコチラ。
DSC_0105

 

 

 

装着後、スロットルポジションセンサー抵抗値 を測って調整します。
DSC_0106-1

 

 

 

その後、車体に取り付けて、純正コンピューターの学習をしなおします。

 

 

DIYでも簡単に取り付けできるのですが、
抵抗値の調整などが難しいと思われる方は、
ショップにて取り付けてもらうと安心ですね!

 

お客様も アクセルレスポンス の違いを体感され、
とても喜んでお帰りいただきました☆

DSC_0113-1

 

 

電スロの制御にお悩みの方!いかがでしょうか!

 

 


DSC_0172-1

★JZS161用スロットルコンバートキット取付★

 

本日は、スロットルコンバートキット
組み付け作業をしました(*´∀`)♪

 

今回のお車は、JZX100!

あれ?JZX100用のキットはないはず。。。

そうです!

このお車は、JZS161の2JZエンジンを載せ換えているので、
JZS161 用のスロットルコンバートキットを装着します!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

JZS161のスロットルボディはこんな感じです。

DSC_0161-1

 

まずは、アクセルワイヤー側。

DSC_0160-1

 

お次は、モーター側。
ギアを外してキットを組みつけていきます。

ここがちょっとした重要ポイント!

DSC_0165-1

この真ん中のドーナツ型の スプリングガイド
下にあるスプリングより、はみ出したり、はさまってしまったり。

この上に付属パーツを取り付けるので、見えにくく注意が必要なのです(・ω ・;)

 

そして、1コ・2コ・3コ・4コ とパーツを重ねていき…

DSC_0166-1
はい!出来上がり!

ギアも元の位置に戻して、すべてが連動するか確認してからカバーを戻します。

 

そして、スロットルポジションセンサー抵抗値 を測って調整します

DSC_0167-1

 

あとは、車体に取り付けて、コンピューターの再学習をさせて終了です。

作業時間は、だいたい1時間半くらいです☆

DIYでも十分出来る簡単作業なので、ショップに行く時間のない方にもオススメですょ♪